夫の身内がパリに襲来中で、パリ&パリ郊外の身内と会う機会が急増。
かいつまんでみると…
週末、パリ郊外の夫のオバ宅で、クスクスパーティー。
帰りに持たせてくれました♥

そして翌々日、他のパリ郊外の夫の伯母宅の昼食会に、
私たちは行かなかったのですが、私たちにと持って来てくれました♥


夫のブラジルにいる従兄弟がパリに出張に来たからと、
一緒に食事をする事になり、すでにPolidorに陣取ってくれていて…
私は、Pavé de Veau Grand Cru, crème de morillesを注文しましたが、
仔牛Xモリーユ=美味しかったぁ
店内が狭いので、バギーは置けたものの、他のお客さんに迷惑をかけてしまった感が。
スタッフがとても感じよかったです。

夫の妹ダンナもパリに出張で来ているからと晩ご飯を、
Léon de Bruxellesで一緒に。
ベビーチェアがあったので貸してもらい、パンの端っこをあげたら、
「どちらのお子さん?」というほど良い子にしていてくれて助かりました。


こういう事が続くと、料理をする気が失せてしまいますね。
どうにかして、モチベーションあげないと。料理に関する映画でも見ようかしら。
[PR]
# by niawaco | 2012-04-05 02:36

f0155576_6545115.jpg

アンジェリーナのモンブランは、
わたしにとって、オーセンティックなモンブラン❤

20代の頃は、余裕で1個食べられたんだけどなぁ
ちょっとくやしい…



[PR]

f0155576_350767.jpg

春らしいと思って、イチゴのかけら入りのホワイトチョコレートを♥
板チョコの裏はこんな感じ。
f0155576_3501198.jpg


そして、なんと
ワサビ入りのブラックチョコレートを見つけてしまいました。
f0155576_350231.jpg

口にすると、
ワサビの爽やかな香りがして、それから刺激を感じます。

フランスは静かなワサビブームなのか、ここ何年かの間に、
ワサビ入りのチップスやチーズ等々、見かけました。

先日、
マレ地区のTartes Klugerというお店で食べたタルトが美味しくて、
後で調べたら、オーナーのCatherine Klugerさんが
タルトの本を出している事が分かり、

パリ市の図書館にあったので借りて来てみたら、
「ツナ、ワサビ、のり」
という粉ワサビを使った驚きのレシピが載っていましたよ。

パリ市の図書館は、ネットで本を検索できて、
その本があれば、パリ市内のどの図書館にあって、
貸し出し中なら返却予定日がいつか表示されます。

返却期限日が近づくと延長するかの旨を
聞いてくるメールもくれるので便利ですよ。

フランスは今日、夏時間に変更。
午前2時が、3時になりました。(1時間、損した気分…)
日の出時刻は、7:41 AM
日の入時刻は、8:10 PM
既に19時頃まで明るかったのに、20時頃まで明るくなります。



[PR]

f0155576_3345524.jpg

Thiébaultさんのマルシェより。
10時過ぎに行ったから分からないけど、
ラディッシュやラグビーボールの形のキャベツといった
春野菜は見当たりませんでした。

ニンジンとカブは年を越したもの。
ほうれん草、ブロッコリー、カリフラワーは最高に新鮮。

随分、春めいてきたけど、
春野菜が並ぶには、もう少しの辛抱。なのかな?

サラダは洗うとき、相変わらず虫との戦い。
それでも、Thiébaultさんの野菜ってBIOじゃないのよね。

私がBIOの表示が、どうでも良いと思うのが、
Thiébaultさんの野菜を見て食べているのも
大きな要因の一つ。



[PR]

f0155576_6133413.jpg

ボンヌ・ママンのメレンゲが乗っているタルト・オ・シトロン。

f0155576_6133060.jpg


脇には、なんとタルト・オ・シトロンのレシピが書かれてます。
f0155576_6132415.jpg



ボンヌ・ママンの新商品は試さずにはいられない質の私…

先日、、こんなのも発見! Gâteau marbré au chocolat 。
プレーンタイプもありましたよ。今度、試してみる予定♪
写真だと分かりにくいですが、475gもあります。
f0155576_6132329.jpg




[PR]

f0155576_1803570.jpg

そばまで行ったので、久々に Du Pain et des ideésへ。
友人曰く、「ここのパンは、どれを食べても美味しい。」
本当に、全種類、試してみたくなるほど。

「エスカルゴ」という名前のパン。
一般的にはレーズンが入っていますが、
ここは、ピスタチオクリームとスライスアーモンドなど、
5種類くらいのバリエーションがあります。

買ってみたのは、
ESCARGOT AUX PRALINES
カスタードクリームと、キャラメリゼしたアーモンド、
そして、リヨンのプラリネ。
( crème pâtissière, amandes caramélisées.. la spécialité de Lyon ! )
f0155576_180168.jpg


ESCARGOT CITRON NOUGAT
クロワッサン生地に、
レモン入りのカスタードクリームとモンテリマール産のヌガー。
( crème pâtissière citronnée et éclats de nougat de Montélimar sur pâte à croissant )
f0155576_1801622.jpg


一番上の写真のpain des amisというパン。
翌朝の朝食に、イチゴジャムを塗って食べたくて、
帰りにイチゴジャムを買いに行ってしまいました。
f0155576_1803064.jpg


あぁ〜、また買いに行きたい。



[PR]

f0155576_8104094.jpg

パリに住みはじめた頃、PHILADELPHIAのクリームチーズは、
老舗デパートの高級食料品売り場でしか見かけず、

kiriやSt Môretといった手に入りやすい
フランス産クリームチーズで、作ってみるものの、
PHILADELPHIAのクリームチーズを使って
子供の頃から母が作ってくれる食べ慣れたチーズケーキとは、
「なんか全然違う…」と、思って何だかがっかりしていたのに、
いつの間にやら、普通にスーパーで
お手頃価格で買えるようになりました。ばんざ〜い♪

しかも、大きいチェーン展開しているスーパーの中には、たまに、
「2つめ無料!」と、1つのお値段で2つという
ことをやっていたり。

小売りで頑張っているお店の事をを考えると良くないと
思いつつ、2つに手が伸びレジに向かってしまう私…

f0155576_8103575.jpg

それにしても、チーズクリーム、砂糖、卵、生クリーム etc.
チーズケーキの材料を見ていると、なんだか怖くなってきます。
食べ始めると、そんな事は、どこかに飛んでしまうんですけどね。



[PR]
# by niawaco | 2012-03-16 17:56 | 乳製品

f0155576_6242986.jpg

この前の土曜、10日に
coletteの15周年ということで、10日と11日だけ
チュイルリー公園内の巨大テント内で行われた「carnaval」に
息子と夫を道連れに行ってきました。

f0155576_614129.jpg


f0155576_614579.jpg


13時過ぎに行って、すんなり入れたものの
人いきれで、汗っかきではない息子の髪が
汗で濡れていたほど。
バギーじゃなくて、抱っこひもで行って正解でした。
(帰るときは、入場制限して外で待っている人が沢山!)
f0155576_6142786.jpg


美味しいもの楽しいものが一杯でした。
噂のLe Camion Qui Fumeのバーガーも食べられて感激!
13時過ぎだったせいか、息子が4、5歳だったら楽しめるのに!
と思える子供向けの企画も沢山ありましたよ。
ポラを撮ってくれるサービスをやっているところがあって、
3人で撮ってもらえて、素敵な記念にもなりました。
f0155576_614153.jpg


戦利品は…(笑)
「もらえますか?」と聞くと、すんなりくれたKENZOのヨーヨー。
ゲームで勝って、その景品の缶バッジとJellycatキーホルダー。
あと、グミとアメちゃん。
f0155576_6135392.jpg


自分へのおみやげは、
15周年記念のキャラクターが描かれたClic Clac。
f0155576_6143529.jpg


小一時間いましたが、かなり楽しめました。
雰囲気にのまれていたのか
危うく、風船買いそうになったほど!
外に出て、街を歩き始めて、正気に戻り、
「買わなくて良かったね。風船もって歩くのは、
ちょっと恥ずかしかったかも。」と夫に言われちゃいました(笑)



[PR]
# by niawaco | 2012-03-14 07:04

f0155576_1304265.jpg

先日、ガラス製のエスプレッソ用のグラスを
買ってしまいました。

セレクトショップのmerci内のカフェでも使われていて、
実際にも売っていて、お手頃価格。

ちょうど1年前に、完全帰国されたのですが、
ダンナさまのお仕事の都合でパリで3年間を過ごし、その3年間、
姉のように慕っていた方との思い出のようなグラス。

彼女も私も、merciに行くには30分はかかる所に
住んでいましたが、merciのカフェのあるマダムが好きで、
「元気をもらいに行こう!」と、よく一緒に行っていました。

このグラスが売られているのを見て、
懐かしさ、パリに取り残されてしまったような寂しさを感じつつ
迷ったけれど連れて帰ることに。

パリに来なかったら知り合えなかったかもしれないけど、
この距離は、本当にもどかしい。

この日のmerciは、花盛りでした。
f0155576_1303696.jpg


市内の公園のクロッカスも、ほころんでます。
f0155576_1303290.jpg


そして、あの日から一年。

More
[PR]

f0155576_201545.jpg

息子が9ヶ月になった日にいただきました。
評判通りの、お味でした!


f0155576_2014964.jpg


More
[PR]

f0155576_2002719.jpg



[PR]

f0155576_17251719.jpg

ティーバッグでなくなればまた買ってくるのが
イギリスのCLIPPERのもの。ここ数年、浮気なし!(笑)

リモージュの1Lの白いピッチャーに、ど〜ん
と作って、飲んだりしてます。

左から、デトックス、アールグレイ、カモミール。

オーガニックだそうです。
(が、疑り深い私は、オーガニックのマークを
あまり信用していないので、このマークは、
ついていてもついていなくてもどっちでも良いのですが…)

けっこう美味しいし、お財布に優しいし、
パッケージが可愛くて色んな種類を
大人買いしてしまいたいほど。

フランスだと限られた種類しかないけれど、
HPを見ると、たっくさん!
イギリスに行きた〜い(笑)

サイドはこんな感じです♪
f0155576_17252090.jpg


ちなみに、デトックスとアールグレイはMONOPRIXで、
カモミールはRose Bakeryで購入しています。


それにしても、
The grass is always greener on the other side of the fence
(隣の芝生は青い)
なだけかもしれませんが、イギリスのパッケージデサインって
萌え〜(←え、今は使わないですか?)となることが多いです。

一時、ハマっていたTyrrellsのチップスのパッケージも好き♡
f0155576_17252388.jpg




[PR]

f0155576_1335057.jpg

間もなく10ヶ月を迎える息子。
食事に関しては「味覚がちゃんとあるの?」と
思うほどなんでも食べてくれます。
(→他の面で、けっこう大変だったりしますが。)

喜んで食べてくれるリンゴのコンポートのためのリンゴも、
行きつけのマルシェではリンゴの季節の終わりを感じさせ、

スーパーではスペイン産のグリーンピースが並び始めているので、
これからは春野菜を食べさせてあげられるのが楽しみなところ。

理想的には、100%作ってあげたいところですが、
出先等では、そうも行かずスーパーで瓶入りのものを
買って食べさせています。

さて、先日、夫が買ってきたのは、
写真の「野菜、ご飯、子羊」というもの。

子羊とういのが、なんかフランスらしいし、
子羊好きの夫が選びそうなチョイスだと
思わず、笑ってしまいました。

それと、異国の人とその家族があって
この息子を育てているんだなぁと思うのが、
9ヶ月の赤ちゃんに、バゲットの端っこをあげて、
食べさせるというか、歯がためのように扱わせること。

私は、パンの端っこが大好きなので、
早く、普通にバゲット食べるようになってね!
と、後ろ髪を少々ひかれながら、あげてます(笑)



[PR]
# by niawaco | 2012-03-06 01:50

f0155576_1501586.jpg

お恥ずかしながら、
スーパーで売られているカマンベールと、
チーズ屋さんで売られているそれとは、
味も香りも別ものということを、割と最近、知りました。

お値段も違いますけどね。

ちなみに、私の良いチーズ屋さん選びのポイントは、
味や質はもちろんのこと、
当然なのかもしれませんが、
そのチーズをいつ食べるか、ちゃんと聞いてくれて
チーズの状態をちゃんとみて選んでくれるお店です。

とは言っても、同じ店でもスタッフによって
みてくれなかったりするんですけど。
「よいお客さん」になるための努力は大切なり。



[PR]
# by niawaco | 2012-02-19 01:57 | 乳製品

f0155576_824625.jpg

映画『北ホテル』の舞台となった所は、
現在では、Hôtel du Nordという名のカフェレストラン。

先日、行ってお茶をしたときに
タルト・オ・シトロン(レモンタルト)を注文してみました。

結構なボリュームなんだけど、
さっぱりしてて一人で食べちゃえるかも。

夫と二人で一つ注文したので、
争って食べるはめに…


この日、サンマルタン運河は
寒波の影響でで凍っていました。
f0155576_823581.jpg


トリさん達は氷上をお散歩。
f0155576_824120.jpg




[PR]

f0155576_23183314.jpg

数日前、ポストに小さな私宛の箱が…

中は、nespressoマシーン用のL'OR EspressOのカプセルが5つ。
f0155576_23182760.jpg


そう言えば、少し前にMy Little Parisというサイトで、
試飲用のL'OR EspressOを住所を書けばもれなくプレゼント〜!
という太っ腹なこと(?)をやってて応募したんだっけ。
(スーパーとかで試飲会やるより、メーカー側は、
こっちの方がメリットあり?)

nespressoのカプセルは路面店かネット注文のみの販売なのに対し、
L'OR EspressOのはスーパーで買えるというお手軽なメリットが。

味は悪くないけど、L'OR EspressOのカプセルは、
nespressoみたいにカラフルじゃなくて透明で無機質な感じ。
ちょっと寂しいかな。
f0155576_23181921.jpg




[PR]

f0155576_8352311.jpg

ウチから一番近いパン屋さんでは、
今日、2月4日に未だガレット・デ・ロワが売られていましたが、

今シーズン、我が家に来てくれたフェーヴたちです。
(ラデュレのコたちが入ってませんが。)
来てくれてありがとう♡



[PR]

f0155576_6295729.jpg

寒波が来て、予想最高気温が0℃を越えない日が続いているパリ。

そんな中、夫が人と会って、夜遅く帰ってくる日があったので、
帰って来て、何か暖まるものをと考え、
ヴァン・ショ(ホット・ワイン)を用意するのことに。

入れるスパイス等は、以前、買った
ミックスされてサシェになっているもの。

でも、何のワインが合うのか、よく分からないので
ワイン屋さんで、店員さんにきいて買ってきました。

まぁ、夫のためと言いながら
ホントは私が飲みたいだけだったりして!?



[PR]

f0155576_4325595.jpg

今年のラデュレのフェーヴ、可愛すぎ♡
ラデュレの代表的なスウィーツたちがモチーフ。

ラデュレは150周年だそうで、
フェーヴの裏にも「150 ans(150年)」と書かれています。
f0155576_4324519.jpg


コフレの箱は、こんな感じ。
f0155576_4323731.jpg


MacaronとReligieuseのイラストが描かれています。
f0155576_4323244.jpg




[PR]

f0155576_4273671.jpg

夫が近所のパン屋さんから、おやつにと買って来てくれました。
パイ生地ではなくて、ブリオッシュ生地のもの。
ガレット・デ・ロワでなく、
ブリオッシュ・デ・ロワ(La brioche des rois)と言います。

正直、フェーヴは期待してなかったけれど、私の期待とは反対に
素敵な方が来てくれました。
しかも、リクエストと共に。
「アナタは、一曲歌わなくてはいけません。」
f0155576_427259.jpg


後ろは、こんな感じです。
f0155576_4272966.jpg




[PR]

f0155576_4172559.jpg

モノプリのチラシを見ていて、目に留まってしまった文字…
「…デ・ロワ?」
「ガレット・デ・ロワじゃなくて、クッキー・デ・ロワ???」

サブレで有名なミッシェルとオギュスタンの?
試してみなきゃ!という訳で…
(大きさが分かるようにマロングラッセと並べてみました。)

箱の中には、チョコチップが沢山入った大きなクッキーと
ミッシェルとオギュスタンのイラストが描かれた王冠!
f0155576_4173395.jpg


冷蔵保存。オプションで食べる30分前に冷蔵庫から出すか、
電子レンジで40秒って書かれてました。
我が家では前者の方で。
しっとり系でなかなか美味しかったです。

そしてそして、フェーヴは…
ミッシェルとオギュスタンのマスコット(?)のウシさん!
f0155576_4173937.jpg


サイトをチェックしてみると…(箱にも書いてありましたが、)
金のウシさんが4匹だけ隠れているそう。
で、当たると良い事が! いいなぁ、当たった人。
f0155576_2123875.jpg




[PR]

f0155576_6372353.jpg

ノワゼットのクリーム入りのを買おうとしたら、
「30分待ち」と言われてしまい、息子と一緒だったので、
待たずに買えたクリームなしのを買う事に。

「どうして、クリームなしなんて作る必要あるのよぉ?」
と、なんだか悲しい気分になりながらの家路。

「ま、そもそもフェーヴが欲しいんだし!」と気を取りなおして、
食べてみると、あれれ?美味しい。
ここ何年も「フェーヴのため」とあまりココのガレット・デ・ロワは好きじゃないけれど、協力してくれる夫も美味しいと意見一致。

とっても良い香り。それに、クリームがないぶん軽い。
改めて確認してみると、ミルラと乳香の香りが施されていました。

そして、お待ちかねのフェーヴ!
2010年と同じく、Le Petit Atelier de Parisによるもの。
f0155576_18585849.jpg

f0155576_1859314.jpg


ハートと四葉のクローバーの2種類のモチーフで、
ハートは幸福で、四葉のクローバーは幸運だそう。

我が家には「幸福」が来てくれました。

下の画像は、PoilâneのHPから。
f0155576_6373095.jpg




[PR]

f0155576_3525075.jpg

一人用しかないせいもあってか、
残念ながらフェーヴは入っていませんが、
マクドナルドの兄弟(?)のMcCaféでもガレット・デ・ロワが!

お店の人が親切に、切りますか?と聞いてくれたので、
お願いしました。

テーブルの上に置いてあったのでパチリ。
f0155576_3524582.jpg


チョコレート味もあったようです。
f0155576_3524073.jpg


そうそう、McCaféですが、
パリの下手なカフェに入るよりも、
コーヒーなんかは安くて美味しいし、店内も清潔かも。

残念ながら、ガレット・デ・ロワは、
リピートしたくなる味ではありませんでしたが、
もし、来年も出すならば、是非是非オリジナル・フェーヴを!



[PR]

f0155576_324475.jpg

元旦の夕方に突然、行ってみようと言う事になったので、
オーソドックスなフランジパーヌは残念ながら売り切れ…(涙)
プラリネを試す事に。

さて、フェーヴはコチラ!
f0155576_3235089.jpg


開けてみると、くるくるっと巻かれた紙が一枚入っていました。
f0155576_3235576.jpg


今年は、こんなバリエーションで、
中にお店のスタッフの似顔絵が入っているそう。
f0155576_3235978.jpg
個人的には、いつもいる販売の頑固そうなオッチャンが
入っていて欲しかったんだけどな。



[PR]

f0155576_2135283.jpg

年末、何故か食べたくなる
イタリアのドライフルーツの入ったパン。

何年か前に、「トーストしてバターを塗って食べる」という方法を知って、今の時期、朝、起きるのが楽しみ♪
朝ご飯にピッタリなのです。

(どこで読んだか思い出せず、出典が分からずゴメンナサイ。)



[PR]

f0155576_21421254.jpg

クリスマスが終わる前から、もうガレット・デ・ロワのシーズンは始まっています。個人的にはうれしい♪

夫がたまに無性に食べたくなるChinois/シノワという、
ちょっとクリームパンを彷彿とさせるスーパーで売っている
賞味期限が結構長い菓子パン。(直径25cmくらいあります。)

普段は、カスタードクリームなのに、
ガレット・デ・ロワの時期のため、frangipane/フランジパーヌ(アーモンドクリーム入りカスタードクリーム)。
そして、フェーヴ入り♡

中から出て来たのは、「8月ちゃん」(AOUT=8月)」
f0155576_3495761.jpg

12種類、12ヶ月あるらしいです。

モデルは、この子でしょう。
f0155576_214271.jpg


この「8月ちゃん」を見ていたら、思い出した子が。
先日、夫のボスが下さったフェーヴの中に、こんな子がいました。
f0155576_350061.jpg


バゲット、しょってます(笑)
f0155576_350491.jpg




[PR]

f0155576_2316868.jpg

ロマンチックという言葉は、到底、私の頭には浮かばない
盆と正月が一緒に来たような、「家族」が主体の
フランスのクリスマス。

約6年の間に、ウチを含み夫の兄弟には、7人誕生したので、
その賑やかさと言ったら半端なし。
(年明け早々、もう一人増えます!)

夫の実家のある南仏プロヴァンス地方では、
クリスマスと言えば、「13種類のデザート」だそう。

上の写真は、入りきらなかったものもありますが、

ポンプ
白いヌガーと黒いヌガー
アーモンド、干しブドウ、イチジク、 ヘーゼルナッツ
それと、フルーツと砂糖菓子。

f0155576_2316353.jpg




[PR]

f0155576_22522341.jpg
Mont blanc cassis
Pâte sablée, compotée de cassis, morceaux de marrons, meringue légère, crème de marron et chantilly.


f0155576_22522916.jpg
Tarte citron
Pâte sablée, crème aux jus et zestes de citron jaune, gelée de citron.


先日の息子7ヶ月のお祝い(?)に、
息子は当然未だ食べられないのに、しもべ2名(夫&私)が食べたケーキたち。

Des Gâteaux et du Painのケーキは見た目も味も繊細。

モンブランは、タルト生地の上にカシスのコンポートが、
マロンクリームやホイップクリーム、メレンゲの中に隠れてます。

モンブランとベリー系を合わせるのって今の主流?
さっぱりと頂けるけど、栗の美味しさを半減させてしまうような…



[PR]

f0155576_16382.jpg

茹でて角切りにしたビーツとジャガイモ、ニンジン、
みじん切りにしたエシャロットとピクルスを、
ドレッシングで合えたサラダ。

仲良くしてもらっている方のところで、ごちそうになって、
とっても美味しかったので、教えてもらってきました。

台湾人の彼女、「料理するの大嫌い!」と言いながら、
いつも美味しいものを出してくれます。

今までに、いくつかレシピ(「三杯鶏」とか)を教えてもらって、
教えてもらった通りに作ってみたのだけど、
私が作るといつも何か物足りない。

火加減や塩加減、etc...
「料理ってセンス」って改めて思い知らされちゃいました。



[PR]

f0155576_203209.jpg

私の周りでは味や便宜性から賛否両論ありますが、
何かと家にいることが多いので、1月くらい前に
衝動的にNespressoのマシーンを買ってしまいました!
モデルは、CitizのC110RE。色は赤です。

手軽で美味しい〜♪ 場所も取らないし。
今まで、買おうか迷った最大の理由は、ココの家で
私しかコーヒーを飲まないという点でした。

ただ、スーパーマーケットのオリジナルブランドとか、
コーヒー豆メーカーから対応のカプセルも出ているけれど、

Nespressoが出しているカプセルは
ネット注文か専門店に行かないと買えないのが不便な所。
(Appleと、ちょっと販売方式が似ている!?)
パリ市内には、6店舗しかないんですよね。

先日、行ったのは、rue du Bacにあるお店だったんですが、
そばにあるBon Marchéにも行ってきました。
小さなプレゼントを買ったら、入れてくれた紙袋がステキな事に!
クリスマス用っぽいですね。
f0155576_2031571.jpg


こんなお星様が付いてました。
こういうのって凄く嬉しい〜☆
f0155576_203752.jpg




[PR]